‘治療の流れ’ カテゴリーのアーカイブ

治療の流れ

1.電話で予約をしていただきます

お問い合わせは☎0422-44-4384

[月・火・木・金]9:00〜12:00/14:00〜21:00(最終受付19:00)
[土]
9:00〜12:00/13:00〜19:00(最終受付17:00)
[日・水・祝]
休診

2.来院されたら、問診票に記入していただきます。

3.ノイロ・システム・ビジョンという装置で自律神経機能を測定し、さらに問診や触診で体のどこに異常があるかを診察します。


ノイロ・システム・ビジョンとは?

4.治療は症状に応じてうつぶせ、仰向け、横向きで行います。

当院では多くの場合、うつぶせで休んでいただき、鍼灸(置鍼、低周派置鍼療法)、次にほぐし(肘押し、指圧、ストレッチング)、最後に立った状態、あるいは座った状態で痛みを再現していただき、その部位に通電運動鍼、多部位置鍼運動療法を行い、治療を終了します。

5.治療後の過ごし方

  1. 基本的に通常通りでかまいませんが、できるだけ激しい運動、長時間のデスクワーク、お酒の飲みすぎ(特にビールなど体を冷やすもの)は控えてください。
  2. 初めての方は体がだるくなる、眠気、まれに立ちくらみを起す場合がありますので、家でゆっくりされる事をお勧めします。
  3. 当日は、軽めの入浴、シャワーをお勧めします。
  4. 鍼で皮膚表面の毛細血管を傷つけてしまった場合まれに内出血を起す事がありますが、触ったり揉んだりしなければ通常1〜2週間で自然治癒します。
  5. 治療後、まれに症状が悪化したように感じられることがあります。これは瞑眩(めんげん)と呼ばれる好天反応です。人間の体は、悪い時は悪いなりに、バランスが取れているものです。治療とはその悪いバランスを一度崩し、良い状態に戻す為の行為なのです。新たな治療刺激が体に加えられ「何だ?」と体が驚いていると思って下さい。体が治療刺激になれてくると、治癒の進行が始まります。楽しみに回復を待ちましょう。
初回は問診、検査を行うため、1時間から1時間半、
2回目以降は1時間くらいで終了します。
(カテゴリー:治療の流れ

ノイロ・システム・ビジョンとは

当院では治療を行う前に皆さんの自律神経の状態を測定します。
その結果はグラフで表示され、体の元気度、どこに異常があるか、 精神的ストレスや睡眠状態、今後起こる可能性がある疾患などを知ることができます(測定で得られたデータは皆さんにお渡しします)。
目で見ることができる客観的な情報をもとに治療するところが、当院と他院の大きな違いです。


良導絡チャート
(カテゴリー:治療の流れ

トリガーポイント鍼療法とは

筋肉が疲労したり、傷ついたりすると、筋肉の中にコリコリとした「筋硬結」ができます。そこを押すと痛みを感じるので、この部分を「圧痛点」と呼びます。圧痛点の中には、押すとその箇所が痛むだけではなく、他に痛みが広がるものがあります。これを「トリガーポイント」と呼び、他の部分に広がる痛みを「関連痛」といいます。
トリガーポイント鍼療法では、鍼施術をする前にしっかりと触診をして痛みやしびれなどの原因となっている部分を探し出します。
トリガーポイントを押されると患者さんからも「そこっ!」という反応が得られます。そうやって原因となるトリガーポイントを見つけて施術をしていきます。ですから非常に効率よく原因となる部分を的確に施術をすることが出来ます。

トリガーポイント鍼療法の長所

  1. 症状の原因となっている部分に対して直接アプローチできる
  2. 生理学的に患部の状態を把握し、解剖学に基づき触診し施術をするので安全、的確、効果的
  3. 刺鍼部位を絞って施術するので少ない鍼で治療ができる

なぜ自費治療なのか?

(カテゴリー:治療の流れ